ロゼレム利用中にお茶やコーヒーを飲んでもOK?

お茶やコーヒーを飲んでもOK?

緑茶・紅茶などのお茶にはかなりの量のカフェインが含まれています。お茶などに含まれるカフェインを摂取すると30分ほどで脳に到達し、それから8時間以上にわたって覚醒作用が持続します。

 

またカフェインにはメラトニンの分泌を抑える効果があるとも言われています。ロゼレムはメラトニンに似た効果をもたらすお薬ですから、カフェインはちょうど反対の作用をしていることになります。

 

ロゼレムを飲んで穏やかに睡眠を促している時に、反対の作用を持つお茶を飲んでしまうと、相対的にロゼレムの効果が薄まってしまい、睡眠作用を感じられなくなる可能性があります。

 

コーヒーにも覚醒作用のあるカフェインが多量に含まれていて、同時に摂取するとやはりロゼレムの効果を薄める可能性があります。

 

お茶やコーヒーの摂取により睡眠作用を感じにくい場合、服用量を増やすことになります。ロゼレムは副作用の少ないお薬ですが、服用量を増やした結果、体への負担がかかり、日中に強い眠気を感じたり、頭痛や喉の痛みなどを感じることもあります。

 

ですから、ロゼレムを服用する場合は、少なくとも昼以降は覚醒作用のあるカフェインの含まれた飲み物を摂取しないほうがいいでしょう。なお、ハーブティー、杜仲茶、ルイボスティーなどカフェインの含まれていないお茶もあります。ロゼレムを服用している時は、緑茶や紅茶、コーヒーの代わりに、できる限りこれらのノン・カフェイン・ティーを選ぶようにしましょう。

 

コーラや栄養ドリンクにも注意

 

コーヒーやお茶にカフェインが入っていることは常識ですが、実はそれ以外にも注意すべき飲み物はあります。

 

種類 1杯あたりのカフェイン量 100mgあたりのカフェイン量
玉露 150mg 120mg
コーヒー 70~140mg 40~300mg
コーラ 50mg 10mg
栄養ドリンク 100~150mg 30~50mg

 

まずコーラですが、100mlあたり10mgのカフェインが入っています。数値的には少ないですが、コーラは1回あたりにペットボトルで500mlくらい飲むことが多いので、総カフェイン量としてはコーヒー並みとなってしまいます。

 

また、栄養ドリンクについても、商品によってはかなりのカフェインが入っています。最近はやりのエナジードリンク系だと1本あたり150mgものカフェインが入っているケースもあり、玉露やエスプレッソコーヒー並みのカフェイン含有量となってしまいます。

 

当然、このような大量のカフェインを摂ると強い覚醒作用が現れるので、ロゼレムとの併用は厳禁と言っていいでしょう。