ロゼレムの大量摂取・大量服用のリスクと致死量について

大量服用のデメリットについて

これは、ロゼレムに限らないことですが、薬の大量摂取というものは、人の身体に大きな影響を及ぼします。

 

もともと用量が決まっている薬を大量に服用してしまうと、最終的に「麻酔などが一切効果を発揮しない」「手術などの時に激痛を味わうことになる」など、さまざまな問題に見舞われることになります。

 

ここではロゼレムのオーバードーズについて解説します。

 

ロゼレムの致死量はどのくらい?

ドラマや映画で、睡眠薬を大量に服用して自殺しようとするシーンを見たことがあるはずです。そのため、過剰摂取の果てに死んでしまうのではないか、と心配する人も多いでしょう。

 

ロゼレムの致死量に関しては、LD50(半数致死量)という指標で評価することができます。人間での正確なデータはありませんが、動物実験では明確なデータがあります。

 

ネズミ 300mg/kg
ウサギ 3200mg/kg
ラット 980mg/kg

 

↑はロゼレム(ラメルテオン)のそれぞれの動物ごとの半数致死量です。動物の種類でずいぶん数値が違いますが、だいたい体重1キロに対して100錠程度で半数致死量となります。

 

なので、人間の体重が50~60キロとすると、少なくとも5000錠~6000錠程度飲まないと半数致死量にならないことになります。そんなに大量の錠剤を飲むことは不可能なので、実質的に大量摂取で死亡する可能性はかなり低いということになります。

 

とはいえ、これはあくまで半数致死量なので、100錠程度で死亡してしまう可能性はゼロではありません。なので、大量摂取をしてはいけないことに変わりはありませんが、まちがっていつもより多く飲んでしまったからといって、死亡するということはなかなか考えにくいということは覚えておいてください。

 

じゃあ、大量服用のデメリットは?

致死量のロゼレムを飲むのは不可能ですが、「なかなか効かないから、普段より多く飲もう」という考え方はやめたほうがよいです。ロゼレムは依存性が低い医薬品ではありますが、まったくないわけではないので、毎日大量に飲んでしまうと耐性ができ、依存性が出てきてしまう可能性があります。また、メラトニンが過剰分泌されることにより、意識を失ったり、記憶障害といった事態になる可能性もあります。

 

また、そこまでの状態になると、断薬したときに離脱症状が出て、イライラしたり不眠症になるという事態もありえます。ロゼレムはせっかく離脱症状が出にくい医薬品なのに、大量摂取(od)をしてわざわざ耐性を作ってしまうのは避けるべきです。

 

もし過剰摂取してしまったら

もし、ロゼレムを大量摂取してしまった場合は、落ち着いて対処しましょう。意識がしっかり残っているなら、基本的にはあまり心配はありません。安静にして、薬の効果がなくなるのを待ってください。

 

ここで体から出そうとして、吐きだしたりすると、錠剤が食道を傷つけてしまうことがあります。なので、とにかく安静にすることが大切です。

 

ただ、意識がなくなったり、呼吸が弱くなったときは、救急車を呼んで胃洗浄などを頼みましょう。救急隊員には、あらかじめ「ロゼレムという薬と大量に飲んだようです」と伝えておくことも大切です。