ロゼレムはアルコール併用注意なのでお酒は控える

お酒の併用注意!アルコールは控えたほうがいい

ロゼレムは医薬品となるので、アルコールとの併用は注意が必要です。とくに、「お酒と一緒に飲めば効果が高まる」と考えて同時に服用する人がいますが、これは絶対にやめましょう。

 

どんな医薬品であれ、アルコールとの併用は常識はずれです。

 

ここでは、睡眠薬とアルコールの同時摂取がどう危険なのかを解説します。

 

睡眠薬とアルコールの相性は最悪

睡眠障害や不眠、さらには精神疾患などがあると、医者からハルシオンやマイスリーといった睡眠薬・抗不安薬が処方されます。しかし、睡眠薬とアルコールは作用がよく似ているので、同時服用するとその作用が何倍にもなってしまうのです。

 

睡眠薬 中枢神経を抑制し、睡眠効果や筋弛緩効果を引き出す。
アルコール 中枢神経を抑制し、睡眠効果や筋弛緩効果を引き出す。

 

↑を見てもわかる通り、中枢神経抑制作用が同じなので、その効果が飛躍的に高まることになります。その結果、意識の混濁や呼吸困難がおこり、最悪の場合死亡してしまう例もあるほどです。事実、海外の有名アーティストなど、アルコールと睡眠薬の併用で死亡した例はあとをたちません。

 

ロゼレムの場合、一般的なベンゾジアゼピン系睡眠薬にくらべて効果が弱いので、アルコールと併用しても直接の死因になることはほとんどないでしょう。ただ、異常に眠くなったり、注意力や集中力、反射運動能力などが低下するため、酩酊やふらつきが起こり、転倒してケガをしたり、大事な書類やサイフをなくしたりなどのトラブルが起こることになります。よろめいて車に轢かれたりなどすれば、最悪死亡することもありえます。

 

アルコール依存症のリスクも高まる

本薬品自体の依存性はそれほど高くないので忘れてしまいがちですが、アルコールには非常に強い依存性があります。長期間アルコールを飲み続けないと依存症にはなりにくいですが、いったん依存症になってしまうと一生の付き合いとなり、治療は非常に困難となります。

 

もし一緒にアルコールを併用するようになると、「よく効いた」と自己判断してアルコールとの併用を続けてしまい、気が付いたらアルコール依存症になってしまうかもしれません。リスクの低い医薬品だからといって、安易にお酒と併用していると、リスクが跳ね上がってしまうのです。

 

そういった意味でも、本薬品とアルコールの併用はまったくおすすめできません。

 

どうしてもお酒を飲まないと行けないときはどうする?

本薬品とお酒の「併用」がまずいというのは、詳しく言うと「どちらかが体に残っている間に、他のものを摂取するのがまずい」という意味です。つまり、服用してまだ血中濃度が残っているうちにお酒を飲むとか、その逆にお酒を飲んで体内にアルコールが残っているうちに服用するのがまずいということです。そのため、もちろんですが同時摂取は最悪です。

 

そうなると、血中濃度が無くなっている間であれば、アルコールは飲んでも問題ないということでもあります。半減期は約1時間なので、3~4時間すると体内の血中濃度はほとんどなくなります。したがって、服用してから数時間が経過していれば、アルコールは飲んでもOKということです。

 

基本的に睡眠薬は就寝前に飲むものですから、飲み会が夕方などであれば、前回服用してから15時間以上経っているはずなので、お酒を飲むのは原則としては問題ないのです。

 

注意したいのが、お酒を飲んだ夜は服用できないということです。アルコールは体内で10時間以上残るため、夕方お酒を飲んだら、その日の夜もまだアルコールは残っています。その状態では、睡眠薬を飲むのはおすすめできません。

 

基本的には毎日飲み続けるものなので、「今日はお酒を飲んだから、薬は休もう」というのは推奨されません。なので、結局のところは服用している間は、お酒は控えたほうが良いということになります。

 

どうしても欠席できない大事な飲み会の場合のみ、アルコールを飲んだ夜の睡眠薬を控えるようにし、それ以外の日ごろの飲み会などではアルコールを控えるようにするのがよいでしょう。飲み会に出ても飲まない自信があるなら参加してもいいですが、自信がないならはじめから飲み会を断ったほうがいいかもしれません。

 

アルコールさえ飲まなければ、本薬品は睡眠薬の中では比較的安全な医薬品です。効果や安い通販方法については

 

→ロゼレム【効果やジェネリックの安い通販方法はコチラ】

 

で徹底解説しているので、一度ご覧ください。